違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「コーヒープリンス1号店」 ~ダイジェスト動画とか
2010-03-12 Fri 13:21
ええとまぁ、実際にはもうこのドラマ3回転以上視聴してるんですけど、
静止画像だけでご紹介するには伝わらない雰囲気というのがあり、、、

今日はちょっと、ようつべ動画なんかを探してみました。

               ***

これらの元ネタは韓国のTV番組からの抜粋のようで、、、韓国語+日本語字幕入りなので、ちょっと画面はうざいw
動画の前半がドラマの名場面集、そして後半が NG集になってます。
ドラマのシーンがわかりやすく編集されてるだけでなく、親切な解説とパネラーのコメントも入ってて面白いw キス・シーン等ある度にパネラーの大歓声がww
まぁ、、NG集は、ドラマ全編見てた方が楽しめるけどね。


【Coffee Prince 01】 NG-1 (日本語字幕)
...#01~#03くらいまでのダイジェスト。まずは、男の子にしか見えないウンチャンと、ナイスガイ・ハンギョルのご紹介編。



【Coffee Prince 01】 NG-2 (日本語字幕)
...#04~#07冒頭くらいまでのダイジェスト。男と思い込みつつも、ウンチャンに心惹かれてゆくハンギョル。
0:34 頃に、ワタクシ的萌えポイント・犬のモップの滑り台シーンあり升♪




【Coffee Prince 01】 NG-3 (日本語字幕)
...#07~#09くらいのダイジェスト。ウンチャンとハンギョルが大喧嘩のあと仲直りして踊りまくるシーン(1:52頃)や、「義兄弟になろう」シーン(3:05頃)など、、、
(静止画像では面白くないので)ワタシの記事で紹介しなかった場面なども見られます♪




【Coffee Prince 01】 NG-4 (日本語字幕)
...こちらの動画は、NG集→ダイジェストの逆順で編集されていて、、、ドラマダイジェスト(#09~#10)は2:50 頃から。
海辺で「もう限界だ」というハンギョルの切ない独白シーンから、女の子だと打ち明けられずに泣きじゃくるウンチャン、、、そして「男でも宇宙人でも」の、あのシーンまで!




               ***

この動画シリーズは、ドラマ終盤のまで全部ありますが、、、
本ブログではまだ10話までしか書いてないので、転載はここまで。

う~ん、、、最初からこの動画を掲載すれば、
頑張って画像キャプって自分で紹介記事かく必要もなかったかなーーーー

と思いつつも、
一応、11話以降の記事も書くつもりデス。

、、、まぁ多分、、、そのうち、、、。

               ***

しかしまぁ、こうして動画を改めてみると、、、
このドラマの魅力はほかにもいろいろあるけれど、主演ふたりの魅力に負うところはすっごく大きいなぁ!と。

ハンギョル役のコン・ユは、あんなマッチョな身体していてサル系の愛嬌ある顔立ちで、、、。画像だけ見てると、表情としては案外バリエーション少ないのだが、役柄の心情をすべて声で演じ分けてる気がする。怒鳴りつける声、冷静な声、甘えた声、、、うむ、声フェチの私には、、、たまらんです。
いや、そもそもコン・ユさんのデフォルトの声質と話し方が、、、すげー好きでゾクゾクしますね。

で、ハンギョルに愛されまくるウンチャン役のユン・ウネは、、、ひたすら可愛い!
あれだけ女を捨てた演技してるのに、どうしてあんなに可愛いんでしょう!?
正直、台湾版「花君」の主演女優さんの演技は、どうしてもわざとらしい印象だったし、かといって堀北は女の子にしか見えなかったし、
女を捨てた演技というと「キム・サムスン」などを思い出すが、、、あれはやっぱり「女、捨ててるよなぁ~~~」としか思えなかった。
ユン・ウネ可愛いよね。

この二人の出演してる他のドラマも見たくなりました。
(「宮」は途中で挫折しちゃったんだけど、改めて見たくなった)。
スポンサーサイト
別窓 | IO-韓ドラ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「オールイン 運命の愛」(#07~08) | 社会参加の実際 | ねむい、、、、>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。