違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「このろくでなしの愛」 (第10話)
2010-05-06 Thu 12:39
、、、続けていきます。

<あらすじ> BS11 番組紹介ページより転載
ウンソクはボックを探して、ミングのいる病院にやってくる。
そんなウンソクに対してボックは、「俺はミングの弟だ」と言い、復讐のためにウンソクをだましていたことを明かす。
二人の会話を聞いていたダジョンはウンソクに、「以前、金を要求したのはミングの入院費のためだった」と全てを話し、「ボックを許してほしい」と頭を下げる。
一方ジュンソンも、ウンソクが復讐の犠牲になったことを知る。
復讐が終わり、下宿に戻ってきたボックに、ダジョンはいっそう尽くすようになる。
しかしある日ボックは、ダジョンがウンソクから金を脅し取ったことを知る。
ウンソクを誤解していたことがわかり、苦悩するボック。
その頃ウンソクは、病室に横たわるミングの前で泣いていて・・・。

rokudenashi10_02.jpg ボックが正体を打ち明けたことにより、すべての事情を知ったウンソク。
ボックに抱いた強い愛情を幻のように打ち砕かれ、悲しみと絶望のなか、ただミングの枕元で謝罪の言葉を繰り返すしかない彼女。

そして、、、
彼の復讐の理由であった”ウンソクがミングを捨てた”という思い込みが誤解と知り、苦しむボック。
病床のミングにすがりついて泣き崩れるウンソクの姿を目にして、自身の起こしてしまった行動の、、罪の重さに打ちひしがれる。

罪のないウンソクの心を引き裂き、自身も深く心に傷を負ったボックは、
兄ミングとともに、ウンソクの前から姿を消そうと考える。

--次回へ

               ***

、、ほうら、だんだんストーリィが混沌としてきました。
これぞ韓流ドラマ!w
ウンソクもボックも、気持ちがぐちゃぐちゃ過ぎて、もう訳わかりません。

この展開、、、もはや可哀想を通り越して、唖然としてきます。

ここまで主人公たちを痛めつけなくてもいいんじゃないだろうか?(^ ^;)
、、凄まじい追い詰め方です(^ ^;;)
スポンサーサイト
別窓 | IO-韓ドラ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「このろくでなしの愛」 (第11話~第12話) | 社会参加の実際 | 「このろくでなしの愛」 (第9話)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。