違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「善徳女王」 (第29話)
2010-05-15 Sat 00:30
そういやぁ最近、このドラマのレビューを何話分かスルーしてた気もしますが、、、
まじで面白いですよ、このドラマは!!

100514_01s.jpg

昨日、、、(ってことはまぁ放映時刻にはワタクシ、例の生ライヴで外出してましたが、)
いや先週の回からの話なんですが、、、

かつて、ミシル様(敵のラスボス)がそうしたように、自然現象をあやつり民心を動かそうという計画を立てたトンマン。
そもそも、「双子の誕生は不吉」という伝承(?)に基づき王女の地位を追われた彼女は、
伝説の続きを(勝手に)こしらえ、、、
つまり、自然現象である”日蝕”を利用して、その伝説を覆す新しい説を流布したわけです。日蝕の実現が、その新しい伝承の証明、、、というわけですね。
そして、かつてミシル様の政治的陰謀に利用された、天文学的な知識を持つ僧侶・ウォルチョン大師を説得し、日蝕の期日を正しく割り出して計画を立てた、、、というわけです。

その計画だけど、、、ピダムが、ニセ預言者みたいな役に扮して、わざとらしく新しい伝承を語るっていう話で。
トンマンから「本当は日蝕は起きないのだが、ミシル様には、起きるように思わせてほしい」と任じられたピダムは、、、やはり、目ざといミシル様にあっさりウソを見破られる。
でまぁ、、、その、ピダムが信じさせられた情報こそウソだった、というからくりでした。

そして、見事に日蝕は起き、トンマンは王女として見事に復権する、、、というのが今回のお話。
いよいよ、王女トンマンの艶姿が登場です!!

十花郎のうち、アルチョンとユシンは疑い無く彼女に忠誠を誓っていますが、、、
ミシル様側は、トンマンに対抗するためすべての貴族勢力を掌握しようとたくらんでいるようです。
王女として復権したトンマンは、、、ミシルと対決する決意だけはあるものの、未だ彼女に対する恐怖を完全にはぬぐい去れず、、、ミシルと対面するとビビってます。

そんなことで、ミシルの陰謀を阻止できるのか!?
うわあ、負けるなトンマン! がんばれトンマン!!


このドラマ、、、ミシル様役の女優さんの演技が余りにも真に迫ってて、
トンマン王女よりもミシル様の方が人気出ちゃったらしいw

あとは、、、ピダムも人気になっちゃって、後半になると益々出番が増えるとかww

ひとめでピダムのファンになっちゃったワタシ的には、楽しみですwww

ピダムのCVが福山じゅんじゅん、ってのも、、、声フェチ的にツボなんだよね(爆
スポンサーサイト
別窓 | IO-韓ドラ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『IRIS』 (第4話) | 社会参加の実際 | うう、、、>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。