違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Dancing in the Rain
2010-05-16 Sun 12:47
っていうわけで、今日は Rainくんです。

まず、こちらの動画をどうぞ。
日本のTV番組、「誰でもピカソ」に出演したときの映像らしい。2005年5月ってことは、、、このとき、Rainくん21、2歳かな? 今の大知くんと同じ年代だね。
この曲は、2005年のヒット・ソング「It’s Raining」です。アルバムのタイトルにもなってます。



とにかく、すげー踊ってます
しかも上手いです。
そして、唄ってます。
歌もダンスも、現在の Super Juniorの、、、遥かに上をいってます。

それが、、、2010になると、同じ曲がこうなっちゃうの(^ ^;)



う~ん、、、ライヴ画質で画像が粗いことをさて置いても、、、
私が、実際のステージを見て、ふにゃらけてる、とか、疲れてる、ととか思ったキモチをご理解いただけますでしょうか?

2005年当時に比べて、明らかにダンスの動きがにぶいっつうか、
なんというか手数が減ってるんですよね。
体力的に、、、ライヴのステージでは同じ踊りは再現出来ないんでしょう。
実際、、、それだけ手数減らしても、ステージ上では息切れしてるっぽいし。

まぁ、ワタクシ思いますに、、、(前にも書いたかもしれませんが、)Rainくん筋肉つけ過ぎだと思います。
ふつーの人より筋肉量が多い乳酸がたまって疲労するんじゃないでしょうか?
ダンス踊るのに、そんなにマッチョな身体は必要ないでしょう?
とぞ思。

               ***

そして、何度もしつこく動画を乗せちゃってる(ゴメンw)最新曲の「Hip Song」を改めて検証してみましょう。

こちらは、、、つい一昨日の日付(!)でUPされたHip Songのスタジオ・ライヴ動画:



「It’s Raining」の頃に比べると、、、ダンスの振り付けが、明らかにシンプルになってますよね。
すごく手数が少ない。

しかし、上手に構成されてるので、見栄えはします。

、、、とゆうか、ついに衣装ふくめて格闘系ノリになってきました(爆
もしかして「格闘系アクションをいれるべき」っちう私のコメントを読んでたのか!?w
、、、んなわけないがww

あと、、、この曲の見所は、スタジオ・ライヴとかで何回か演奏すると、衣装セットをがらっと変えてきて、
ダンスも、基本的な振りは変わらないけど、ちょっとずつ構成を変えてたりするんで、、、わりと飽きずに何度も見られます。

画像だけのっけてみましょう。

100515_01.jpg 100515_03.jpg 100515_02.jpg 100515_04.jpg

左から、、、
1.パーカー・バージョン ... 新曲発表されて割と初期の頃の衣装。このあと、曲の途中でパーカーを脱いで、結局マッチョ・ボディを晒します。(あ、そいえばこの動画って、前にブログに乗せたっけ?)
2.ジャケット・バージョン ... この衣装も、アンダーが白のランシャツです。曲の途中で上着を脱ぐのはお約束パターンです。
3.カジュアル・バージョン ... バック・ダンサーも若造っぽいファッションです。この衣装は、、、脱がないw 個人的には一番好きな衣装。
4.格闘家バージョン・その2 ... グローブつけた格闘家ですが、上で紹介した画像とは衣装のデザインや色が若干異なるバージョン。オールバックの髪型カコイイ、、、それにしても、グローブつけて踊ったら、蒸れないのかなー?

、、っというわけで、ダンスの手数は減っても、
見て楽しいステージングを頑張って作ってくれる、というのは確かです。
ま、、、ライヴ・ステージでの息切れはちょっとアレですけど(^ ^;)

あと、、、本人も、バック・ダンサーの女の子達も、あまりに露出が多すぎて、見ていて恥ずかしい。
肌の露出じゃなく、ダンスの技術で魅せて欲しいものです。
(しかし、、、Lady GaGAとかは、ストリップ・ダンサーあがりのパフォーマンスで人気を呼んでいるらしーので、、、コレが時代の流れとゆうことでしょうか)

まぁ、個人的には、女の子アーティスト主体のステージなら、過激な衣装のパフォーマンスも”あり”かな?って気がしますけど、
男性アーティストのステージで、エロい衣装の女の子がエロい振り付けで絡むのは、、、自分的にちょっとキモい

ちなみに、、、私のアラフィフの友人は、Rainくんの動画を見てると、高校生の息子さんに
「かあちゃん、また男の裸 みてんの?」
と言われるそうです、、、(大爆)

               ***

さてさて。
21、2歳の頃はバリバリに踊れて唄えてたRainくんが、5年後の現在、
まだ20代の若さにもかかわらず、ステージ上で息切れするアーティストになってしまいました。

大知くんの5年後は、、、どうなってるでしょうか?
体力の有り余ってる現在の年齢を過ぎると、徐々に、デフォルトのパワーは切れてきますよね。

ダンス・パフォーマンスも、体力任せにはやれなくなってくると思います。

、、、大知くん、これからが正念場だと思いますねぇ。

単に売れたいのか。
自分の道を貫きたいのか。その道って何なのか。

課題は沢山あると思います。
いちファンとしては、、、陰ながら応援することしか出来ないけどね。


ま、Rainくんの将来も心配っちゃ心配ですが、
今の時点でここまで成功しきってるので、軍隊に入った際にでも、じっくり考えればいいのかなー、と。
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<実験&検証 - 「You&Me」 | 社会参加の実際 | 検証 - 「Inside Your Head」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。