違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
中国映画:「武俠梁祝 -Butterfly Lovers-」
2010-05-28 Fri 23:43
Madama Butterfly [DVD] [Import] [ Butterfly Lover (Standard Edition) DVD (2008) ]
今日は、例のDVDを焼き焼きする間のヒマつぶしにと、、、友人から借りた中国映画のDVDを観賞しました。

日本語では「梁山伯と祝英台」という題名で知られる、、、中国の有名な説話。ああそう、、韓国の「春香伝」みたいな感じでしょうか。

<オリジナルのあらすじ>
賢くて美しい娘の祝英台が、勉学のため男装して遊学。
そこで知り合った青年・梁山伯と意気投合し、義兄弟になるなどして親交を深めるが、やがて英台が遊学期間を終え故郷に帰ることになる。
そのとき初めて、女性であることを山伯に明かした英台は、結婚を約して彼と別れるが、、、両親は既に彼女の婚約を決めており、二人の仲は引き裂かれる。
英台は、富豪の御曹司である婚約者との結婚を一旦は承知するが、結局は、失意の余り命を落とした山伯の後を追う、、、。

悲しい恋人たちの魂は、二匹の蝶となって飛んでゆく、、、。
ということで、英語名は「Butterfly Lovers」となってます。

で。
タイトルに”武俠”なんて文字が入ってるように、、、
この映画は、ばりアクション映画なのです(^ ^;)
オリジナルの説話では、ヒロインが、学問を学ぶための私塾に入るのですが、、、この映画では、なんとヒロインが、マーシャル・アーツ(武術)を学ぶ場所に入塾してしまうという!!(^ ^;;)

ということで、ヒロインの Zhu Yanzhi(祝言之)は、花君のミズキやコヒプリのウンチャンさながらに、胸にサラシを巻き巻きして、武術修業のお山に入るのでした(^ ^;;;)
なんちゅー無茶な設定や!!
その、へっぴり腰たるや、、、どうしたって男の子には見えません。
、、、まぁ、ラブ・ストーリィだから別にいいのかw

ということで、主人公の Liang Zhongshan(梁仲山)は、武術塾における筆頭弟子的な存在で、孤児だけど強くて、おとうと弟子達から慕われるナイスガイ。
師匠(Yanzhiが女の子であることを知ってる)から、新人の弟子 Yanzhiの面倒を見るよう指示された Zhongshan(英語字幕では、単に Big Bro.と書かれてるが)は、
武術はまったくヘタレだけれど、弁が立って可愛らしい Yanzhiに、いつしか心惹かれてゆき思い悩む(お約束w)。
が、あるとき彼女が本当は女の子であると知って、それまで以上に、彼女への心遣いをみせるようになる。
師匠(字幕では、単に Teacherと書かれてるので名前が判らないw)の暖かいまなざしの元、二人は男女として初々しく心を通わせるようになるが、、、。

両親(父親?)の命ということで、Yanzhiが実家に戻ると、彼女と Ma Cheng'en(馬承恩)との婚礼が用意されていた。
この Maという人は、映画では物語の冒頭から登場し、Yanzhiの幼馴染で兄のように慕って育った、、という設定。
(字幕では Bro.Maと呼んでいたので、結婚の話が出てくるまで、実の兄かと思った。)

Yanzhiの父親の恩人か何からしい設定の Maは、長年 Yanzhiと結婚する気まんまんだったのだが、Yanzhiにとっては幼馴染の兄的存在。今は Zhongshanという恋人の存在もあり、「あなたと結婚する気はない」と一度は Maに結婚を断るのだが、
この Maという男が、イケメンのくせに恐ろしい奴で(と、この辺りが”武俠”)、、、やたら腕の立つ部下を大量に配して、Yanzhiの両親を監禁するわ、Zhongshanひとりに大勢で襲いかからせるわ、
もう、大変なアクション大会なわけよ。

両親と、愛する Zhongshanの身の危険を案じ、自分ひとりが犠牲になればと Maとの結婚を承知する Yanzhi。

だがそこに、二人の恋を心配した師匠登場!
ある一定期間だけ仮死状態になる秘密の薬を Yanzhiに手渡し、これを飲んで死んだふりをして結婚式をまぬがれて Zhongshanと逃げろ、と言うのだった。

、、、というわけで、おやおや、お話はロミジュリになるのであります(^ ^;)

ロミジュリときたら、、、もはや結末を書く必要もないんですけれども(泣)

               ***

う~ん、この映画はね、
主人公 Zhongshanを演じている呉尊くんという人に、むっちゃくちゃハマッている友人からお借りしたんですよ。
それで、、彼女が尊くんの魅力を死ぬほど語っても、割とスルー気味だったわたくしなのですが、、、

この映画をみて理解した。

なぜ彼女が、これほどまで尊くんにハマってるのか!
すっごい綺麗な子なんだよね~~~~~。
アップに耐える、とかのレベルじゃなくて 是非アップにしてください! といいたくなる位、おそろしく綺麗なカオしてるのだ、、、。

う~ん、、、ヴィジュアル重視じゃないワタクシですら、
ここまで美しい顔には、さすがに感動を覚えますね~~~。


、、、ちなみに、台湾のアイドル・グループに所属してるが、、、歌は下手だそうです、、、www

               ***

というわけで、Trailerです。
画質があまりに粗すぎて、尊くんが、どんだけ美形かってことが
まるで伝わらんとゆう気はしますが、、、(泣)



しっかし、アクション・シーンはさすがにカコイイよ!
1対1や少人数の戦いなら、日本の時代劇の殺陣もなかなかカコイイけど、、、
こういう、大量の人間の戦いのカッコツケは、中国系のアクションには叶わないよねぇ、、、

つまり、見栄えという意味でw
スポンサーサイト
別窓 | IO-映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『LOVE RAIN ~恋の雨~』 - 月9主題歌 | 社会参加の実際 | 「IRIS」 (第6話)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。