違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「TDLで「キャプテンEO」14年ぶり復活」 -MJ様への私見とかとか
2010-07-01 Thu 14:52
TDLで「キャプテンEO」14年ぶり復活(タイトルとリンク先は、TBSニュース記事)

っというニュースが席捲しておる今日この頃ですが、

ちょっと前に公開されたスタブロの記事によれば、三浦大知くんは、
昨日、プレビュー公開にていち早く体験してきたそうです。
→「本日公開!!

、、、すっかりMJ関係者様だね♪

               ***

え~まぁ、MJ様といえば、
彼がソロ・アーティストとして世界的に(日本的に)メジャーになってきていた時代、
ちょうど私は、エーゴもろくすっぽ出来ないくせに洋楽ばっか聴きたがる、ティーンエイジャーのガキンチョ世代だったわけですが、

当時の洋楽ロック・ファンのガキンチョ共といえば、
ブリティッシュ系 v.s. アメリカン系 なんていう2派に別れて、
勝手にカテゴライズしたB系、A系それぞれの、自分らの好きなアーティスト達を激賛し、そうでない人々をけなす、、、みたいな風潮がありました。

まぁ、、、たまたま自分は、Beatles辺りから洋楽に入ったクチなんで、その流れで自然とブリティッシュ系に行っておりまして。
打ち込み系・パンク系・HR/HM系を含めた、ブリティッシュ系(広い意味ではヨーロッパ系)ロックこそ音楽の最高峰!
なんて思ってたわけであります。

アメリカン系のロックは、やれ売れ線狙いだとか、商業ベース意識しすぎだとか、
けなしてたよね、はは。

当時の、ブリティッシュ系ガキンチョの思考からすると、、、
アメリカン系の音楽って、なんとなく、カントリー・ソングっぽい”臭い”イメージが伴っていて、

そういうのってお洒落じゃない!

という意識だったんだと思う。


アメリカのアーティスト達の音楽には、JazzとかR&Bとか、その土壌で連綿と流れてきた音楽があるのだけど、、、視野の狭いガキンチョ世代には、そういう、、、自分の知らない世界のコトは判らないのよねw

それで、MJさんが頭角を現した時に初めて、
「なんなんだ! あの格好イイ音楽は!!」

と。
ジャンルを越えて、偏見を越えて、

認めざるを得ない格好よさ

を意識したんだと思うのね。

               ***

まぁそれでも、、、ガキンチョの自分には、お小遣いも少ないことだし、、、
MJさんカコイイ! とは思ったものの、
依然として、自分の好きなアーティストを追っかけてたので、、、

厳密にいえば、MJさんの正しいファンだったとは言えないんだな。
(MJさんは、弟が追っかけてたので、、、代表的なアルバムとかは一応全部聴いてたけど)

まぁ、なので、、、
今更にMJさんのことを、あれこれ述べる資格は、自分にはないのかと思います。


正直な感想として、MJさんの音楽は、
凄いと思う。で、ときどき聴くにはいいけれど、
私個人的には、、、ずっとまわして常に聴きたいとは限らない種類の音楽です。

ということで、
車載BGMでも、This is It をときどきかけてますw

               ***

てな感じで、Jazzはともかく、R&Bっていうのは
自分的には、長いこと、ほとんど眼中にないジャンルだったんだよねぇ、、、。

だから、、、R&Bというジャンルにこだわり続けてる、三浦大知くんの音楽に、
どうして今更こんなにハマれるのか、自分でも不思議でなりません。

つまり、、、ジャンルを越えて、純粋に、

アーティストとしての魅力に惹かれた。


MJ様と同じ様に、
こんなふうに、、、ジャンルや世代や、もろもろの条件をすべて越えて、
沢山の人々を、惹きつけるアーティストとして、

もっともっと認知されて欲しいね、大知くん。
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<就活日記 - 面談!! | 社会参加の実際 | ねぼ~しちゃいました、、、。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。